ウォーターサーバーのメリット・デメリット

ウォーターサーバーのメリット

ここ最近ではウォーターサーバーが急速に普及しています。そんなウォーターサーバーのメリットをご紹介致します。
これは当たり前のことですが、わざわざお店にお水を買いに行く事なく、美味しい水が飲めるというところですね。勿論お水が無くなってきたら届けてもらえるので、お買い物の時に重たい水を運ぶ手間もなくなりますね。
次に瞬時に冷水とお湯を出せる、というところでしょうか。夏だからお湯はあまり使わない、冬だから冷水はあまり飲まないなんてこともないですよね、状況や使い道によってはどちらもすぐに使えるというのは大変便利です。
それだけでなく安全で綺麗な水という事が保障されているので、安心して飲む事が出来るのは嬉しいですよね。

ウォーターサーバーのデメリット

利用する際にはメリットだけではなく、デメリットも勿論あります。
まず電気代が高いというところです。ウォーターサーバーを設置すると平均的に月に1,000円程の電気代がかかります。冷たい水と温水を瞬時を同時に使えるという便利な機能がありますが、この冷水温水機能を維持するためには24時間稼動させる必要があるので、電気代がかかってしまいます。
そして一番のデメリットとされるのが設置スペースの問題でしょう。冷水機能を稼動させるには背面と両サイドにある程度の空間が必要になるので、ウォーターサーバーの実際の大きさよりも余分なスペースを確保しなければいけません。設置環境にも制限があり、直射日光が当たる場所や湿度の高いところには置く事が出来ないのです。